認知症と対処法

もし家族が認知症になった場合、対処法というのを考えていた方がいいでしょう。
その前に、まずは認知症について知ることが大切です
。認知症は一般的には物忘れが悪化したもの、などというイメージを持たれています。
実際に、物忘れは認知症の代表的な症状の一つですが、他にも様々な症状を引き起こします。

認知症の症状の中でも、物忘れは初期の段階から出始め、最後まで継続する症状だと思ってください。
認知症の初期の段階で、物忘れが多くなってきた時は、対処法としては怒ったり注意したりしないことです。
認知症化どうかはっきりしない場合は、何よりまず病院に行くべきですが、認知症の初期症状としてはっきり断定できた場合には、無理に物忘れを直そうとしても逆効果です。
対処法としては、物忘れは仕方ないことと割り切り、なるべく優しく接してあげましょう。
認知症の場合は、気分の変化も激しくなってきます。

その分、機嫌が良い時は以前と同じように明るく接してくれます。
機嫌が悪い時は怒ったり八つ当たりしたりするでしょうが、それをまともに取り合ってはいけません。
対処法としては、相手をそれ以上興奮させないことと、医者を含めて相談できる人を持つことです。
認知症は悪化を遅らせることはできても、改善させることは今のところ難しいです。

症状は病気のためと割り切り、一人で抱え込まないことが最も大切なことなのです。
また、認知症の症状の一つとして、徘徊や排便に関する問題があります。
ここらへんは例えば住所の書いたカードを携帯させたり、介護用品を利用するなど、あらかじめ何かが起こったことを想定するのが対処法として有効です。