認知症患者との接し方

認知症患者との接し方は、非常に難しく、介護をする立場の人間からすれば今期のいる作業です。
認知症の大きな問題の一つとして、症状が改善することは難しい点があります。
悪い言い方をすれば、介護をする者、特に家族が介護する場合には、ある意味ではいくら頑張っても報われないという面があります。そこで大切なのは、気持ちの持ち方でしょう。
認知症の症状などについて良く知り、あらかじめ何が起こるか想定しておくことです。

その上で、症状は改善できなくとも、それ以上悪化させないような接し方をしておくべきでしょう。
認知症患者はまず、物忘れをおこします。
これは脳の機能が失われる結果起こることですから、本人は注意のしようがありません。
ここでもやはり、起きて当たり前のことと考えるのが、認知症患者との接し方の第一歩です。

無駄なもの持たせないようにしたり、部屋の中に物を出しっぱなしにしないことなど、できることはたくさんあります。
また、普段の生活での接し方の上で大切なのは、相手を興奮させたり、混乱させないことです。
具体的な接し方を言うと、常に相手を肯定するようにしましょう。
文句を言うのも、怒るのも、何度も同じことを言うのも、結局は本人にはどうしようもないことです。

ですから、決して注意や否定をして興奮させたりせず、「そうですね」と肯定的な言葉を優しくかけるのが適切な接し方となるのです。また、注意を逸らすというのも一つの接し方です。
まるで認知症患者を騙しているようで嫌な気分化もしれませんが、他のものに注意を逸らすことで患者の気持ちが落ち着くならば、相手にとって適切な接し方と言えるでしょう。